もう限界…仕事休みたい!そんなときに使える会社を休む7の理由

もう限界…仕事休みたい!そんなときに使える会社を休む7の理由

毎日のように働いていると、時には仕事が嫌になって「仕事をしたくない」「会社に行きたくない」って思う時もありますよね。
そういう時にすんなり休めれば良いけど、社会人はそうもいかないんですよね。
そこで今回は仕事を休みたい時に使える、会社を休む7の理由について紹介していきたいと思います!
嘘をつくなんて…と思う人もいるかもしれませんが、いざという時、自分を守るための術として覚えておいて損はないですよ。

 

会社休みたい人の声

 

仕事休みたいけど・・どうするか葛藤しましょう。

 

仕事を休みたい場面①忙しすぎて

忙しすぎて仕事を休みたいけど休めない場合、仕事の振り分けを工夫してみるのも1つの方法です。
明らかなオーバーワークなら、正直に話をすることで上司や同僚もわかってくれるはずです。
相談するときは「仕事わけてあげるよ」というような傲慢スタンスではなく、「できると思っていたけど、無理だったから協力してほしい」と誠実な姿勢でお願いできると良いでしょう。
困ったときはお互い様なので、同じように同僚が困っているときは助けてあげれると良いですね。

 

仕事を休みたい場面②環境の変化で

転勤や異動、転職など職場環境の変化が原因で仕事が休みたくなった場合、その変化をポジティブに捉えてみてください。
環境が変わるというストレスはとても大きなものなので、すぐにポジティブになるのは難しいことかもしれません。
でも、あなたは転勤や異動、転職などで新しい一歩を踏み出したんです。
可能性を切り開く冒険に出たようなイメージをして出勤すると、憂鬱だった気持ちもワクワクに変わってくるでしょう。

 

仕事を休みたい場面③トラブルがあるから

何かしらのトラブルを抱えていて仕事を休みたくなった場合は、そのトラブルが解決できた時のスッキリ感をリアルにイメージしてみてください。

“解決できたらお客さんはどんな表情をしてくれるか”
“上司はどんな言葉をかけてくれるのか”

そんなことをリアルにイメージしてみてください。
解決できたときはお気に入りのお店で祝杯をあげるのも良いですね。
トラブルが解決できた時のことが想像できれば、自然と仕事に対するモチベーションも上がってくるでしょう。

 

仕事を休みたい場面④自分だけ仕事だから

みんなが休暇で自分だけ仕事…という理由で仕事が休みたくなった場合は、自分にちょっとしたご褒美を作ってみてください。
例えば、お気に入りのカフェによってコーヒーを買ってから出社したり、ランチを豪華にしてみたり。
このようにご褒美の選択肢はたくさんあります。
ちょっとしたご褒美があれば、今日くらい頑張ってみようという気持ちになれるでしょう。

 

 

仕事を休みたい場面⑤休み明けで

月曜日や年末年始などの長期休暇明けで仕事を休みたくなった場合は、ランチに好きなものを食べる習慣をつけてください。
月曜日からやる気満々で仕事できる人の方が珍しいので、やる気に火をつけるためのご褒美は必要不可欠です。
行列ができている人気店や落ち着ける雰囲気のカフェ…会社の近くにお気に入りのスポットを見つけておいて、休み明けランチの楽しみにするのもおすすめですよ。

 

仕事を休みたい場面⑥残業・徹夜が確定しているから

残業や徹夜がほぼ確定しているから仕事を休みたくなった場合は、ミュージックプレイヤーを用意しましょう。
残業時間なら音楽を聴くことだってできると思います。
長時間労働をするなら必ず気分転換が必要になるので、イヤホンで音楽を聴きながら仕事をしてみてください。
夜間の仕事は効率が下がりがちなので、好きな音楽を聴きながらノリノリで仕事すれば、仕事の効率もアップするでしょう。

 

仕事を休みたい場面⑦取引先から怒られることがわかっているから

取引先から怒られているときは、誠心誠意謝罪しつつも「自分が責められているわけではない」とポジティブに考えましょう。
仕事はみんなで進めていくものなので、自分1人だけのミスで怒られるケースはごく稀なはずです。
会社を代表して謝罪する役割が“たまたま自分”っていうだけなので、自分を責めたり思いつめる必要はありませんよ。

 

会社を休みたいときに使える!会社を休む7の理由

会社を休む理由①「通勤途中で具合が悪くなった」

仮病は言い訳に使われやすいですし、急に会社を休むと「体調管理もできないのか」「本当に具合が悪いの?」なんて思われてしまうこともあります。
そう思われないためにも、どうしても仕事を休みたくなった時は“1度は頑張って会社に向かった”ということをアピールするのが◎
ただし、欠勤連絡が遅すぎると同僚に迷惑がかかってしまうため、出勤時間前になるべく早めの連絡を心がけましょう。

 

 

会社を休む理由②「身内に不幸があった」

身内の病気や不幸は何度も使える方法ではありませんが、会社を確実に休みたい時にはかなり有効な理由になります。
ただし、親兄弟など自分にとって近い家族の病気や不幸を理由にすると会社にも心配されますし、話が大きくなって後々面倒になることも予想できます。
そもそも、人の生死を会社を休む理由にするのはあまりおすすめできないので、まずはもっと他の理由がないか考えてみてください。
どうしても他に理由が思いつかない時や、やむを得ない時にだけ使うようにしましょう。

 

会社を休む理由③「生理痛で動くことができない」

働く女性が増えているため、女性特有の整理について休暇を認めている会社もありますし、生理は避けられない現象なので休む理由としては何も問題ありません。
また、症状が女性の特有なものであるために、上司が男性の場合はセクハラになることを恐れて深く追求されにくい理由でもあります。
生理は予定とずれる場合もあるので、仕事に行きたくないと思った時に休む理由にするにはもってこいの理由になるでしょう。
ただし、休むタイミングや頻度によってはずる休みを疑われる可能性もありますし、周りにも迷惑がかかってしまうので注意しましょう。

 

会社を休む理由④「家族の看病をする」

例えば「親が救急車で運ばれたので付き添う」「子どもの熱が下がらないから病院に行く」などが理由になるでしょう。
これは誰にでも起こりうる仕方のない状況ですし、後々嘘を重ねる危険性も少ない理由になります。
ただし、もしもの時の事を考えて自分の中でストーリーを設定しておく必要はあります。
いつどんなタイミングでその話が出るかわからないので、身内と口裏を合わせるところまで手回しできていれば、嘘がばれるリスクも減らせるでしょう。

 

会社を休む理由⑤「親の介護が必要になたった」

例えば「父親が倒れた」「家族の体調が急に悪くなった」など、急いで病院にいかなければならない状況を会社を休む理由にするという方法です。
突発的な出来事が生じた場合、いくら会社の上司でも文句は言いにくいですし、ある程度の年齢になればこのような状況は起こりうることです。
このような状態は突然起こることであって、大変なことであることは上司も簡単に想像できるでしょうから、それを止められることはないでしょう。

 

 

会社を休む理由⑥「パソコンがウイルス感染して乗っ取られた」

一か八かの理由にも感じられますが、パソコンがウイルスに感染したというのを理由に使うのも1つの方法で、現代のようにインターネットが広く普及して多様化した社会においては、決してありえない話ではないです。
ウイルスによってアカウントが乗っ取られれば、被害が生じる可能性もあるため緊急性も高くなります。
ただし、このような理由は昔からのやり方や考えにこだわる傾向のある年代の人には通用しない可能性が高く、年代に限らず柔軟性に欠ける人やインターネットにうとい人にも通用しにくい理由になると思うので、上司や同僚がどのような人なのか十分に把握したうえで使うようにしましょう。

 

会社を休む理由⑦「隣の家で事件が起こった」

これも一か八か賭けのような理由ではありますが、絶対にないとは言い切れないため会社を休む理由として使えるでしょう。
とは言え、この理由は出勤直前に使うとかなり胡散臭くなってしまいます。
また、火事などを理由にするのであれば、余計な心配をかけないためにも自宅を知っている人や家族にはズル休みしようとしていることを打ち明けておくべきです。
このように現実性に欠ける言い訳を使う場合は、自分の中で綿密なストーリーを作っておき、入念に根回しする必要があるでしょう。

 

おわりに

今回は、仕事を休みたい時に使う、会社を休むための理由について紹介してきました。
何度も仮病を繰り返していては人間性を疑われてしまいますから、今回紹介した方法は会社の人に疑われない程度に、いざという時だけ使うようにしてください。
中には「嘘や言い訳をしてまで会社を休むなんて…」と、会社を休むことに罪悪感を感じる人もいるかもしれませんが、休みたくても会社が休めないときは嘘や言い訳で自分を守るのも1つの方法ですよ。

 

転職するならまず登録!
おすすめ転職サイト

転職スペシャリスト 天職

転職しよう!と思ったらリクナビNEXTに無料登録してみましょう!多すぎて困ってしまうくらい魅力的なオファーが届きますよ。職探しの時間がない人にもおすすめです。

リクナビNEXT
リクナビNEXT
特徴 無料登録するだけで、ビックリするくらいオファーが届く!選び放題の転職サイトです。
公式サイトをみる

 

転職で悩んでるなら
無料相談してみましょう!

転職スペシャリスト 天職

転職しようか悩んだら、まずはリクルートエージェントに相談してみましょう!転職の悩みを無料で相談聞いてくれますよ。

リクルートエージェント
リクルートエージェント
特徴 言い出しづらい年収、入社日程、残業、条件交渉もエージェントが代行して交渉してくれます。 外資系企業にも強いのに、無料なのに履歴書、面接指導名など何から何まで転職にかかわることをやってくれます。 すぐ!じゃなくても転職を悩んでるなら、無料相談してください。
公式サイトをみる

関連キーワード

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

こちらの記事も
よく読まれてます

ページ上部へ戻る