「内々定」って何?内定と内々定の違いと、内定取消について

「内々定」って何?内定と内々定の違いと、内定取消について

就職活動では多くの就活生が企業からの内定を目指しています。
では、この内定に似た「内々定」とはいったい何なのでしょうか?
今回は内定と内々定の定義やその違い、内定取消について紹介していきたいと思います!
就職・転職活動中の人はぜひ参考にしてみてくださいね♪

 

内定とは

内定は、一般的に「始期付解約権留保付労働契約」と呼ばれている正式な労働契約のことです。
新卒で就職する場合は卒業後を始期としたもの、中途採用の場合であれば採用通知と捉えることができます。
内定は正式な労働契約なので、双方の承諾が必要になります。
内定取り消しなどの解約権を企業が行使することは、解雇と同等の意味を持ちます。

  • 内定は正式な労働契約
  • 契約の成立は双方が合意したとき

 

 

内々定とは

内々定と内定はほとんど同じ意味を持っていますが、内々定は労働契約には至っていない状態のことを意味します。
一般的に就職活動で内々定が用いられる場合、「採用予定通知」と捉えることができます。

  • 内々定は企業側からの採用予定通知
  • 労働契約が締結されていない状態
  • 経団連の倫理憲章で定められた正式な内定日前の内定状態(新卒の就職活動時)

 

内々定と内定の違いは?

内々定は「労働契約が締結される前段階」であり、労働契約による拘束関係は発生しません。
一方で内定は、採用内定通知書等に記載された、取消自由が発生した場合に限り、企業が労働契約を解約できる権利が認められた「労働契約」になります。
つまり、内々定と内定は「労働契約を締結しているか否か」とい点で異なっていて、契約関係に基づく拘束力の有無が法的な違いになります。
とは言え正当な理由もなく一方的に取消していては企業イメージを損なうことにもなりかねませんから、通常は内々定だからと言って企業が簡単に取消すことはないでしょう。

 

内定取り消しについて知っておきたい4つのこと

内定の取消は企業が求職者に対し、採用を約束したのにも関わらず、諸事情によって破棄することを意味しています。
求職者・企業側それぞれに問題がある時に取消が行われることがあります。

 

内定取り消しについて①内定を取り消された人の声

 

内定取り消しについて②内定を取り消される4つの場合

内定したら必ず採用されるわけではなく、一定の条件下では取消になる可能性もあります。
では、実際にはどのような場合に内定が取消されるのでしょうか。
内定の際に示される「内定取消事由」には主に以下の4つがあります。

  • 内定者が単位取得不足などによって卒業できなかった場合
  • 内定者が病気やケガなど、健康上の理由によって働けない状態になった場合
  • 内定者に犯罪行為があった場合
  • 企業の業績悪化など、経営上のやむを得ない場合

このような事由があるとは言え、一度労働契約を結んだ以上は企業が内定を取消すことは簡単には認められません。
過去の裁判で示された基準では、内定取消理由となりうるのは「採用内定当時知ることができず、また知ることが期待できないような事実であり、これを理由として採用内定を取消すことが客観的に合理的と認められ社会通念上相当として是認することができるものに限られる」とされています。
つまり、「企業が全く知りようがなかった事実で、10人に聞けば9~10人が“それは内定取消になっても仕方ない”と考えるようなこと」がない限り、内定取消の理由にはならないということです。

 

 

内定取り消しについて③内定取消される原因は?

内定取消で最も多いのは、単位不足で学校を卒業できなかったケースです。
この他、病気やケガで働けない状態になった場合や、罪を犯した場合も内定取消の正当な理由になります。
また、企業の業績悪化のような経営上の理由で内定取消が認められるケースも全くないわけではなく、天災やリーマンショック並みの事態が起きたい場合は、やむを得ないとされる可能性が高いでしょう。

 

内定取り消しについて④内定を取り消されたらどうしたらいいの?

自分が内定取消にあって、専門家に相談したい場合は、各都道府県の労働局にある「総合労働相談センター」に相談するのが1つの方法です。
弁護士や社会保険労務士、労働局の専門官など、専門の相談員が電話や面談によって相談に応じてくれます。
相談する時は、企業と具体的にどのようなやり取りがあったのかを証明するメールや書面、いつ誰とどんな会話をしたのか、という記録を持参すると良いでしょう。

 

おわりに

今回は、内定と内々定の定義やその違いについて紹介してきました。
就職活動がスムーズに進めば、内定と内々定の違いはあまり意識されないものですが、法的には大きな違いがあることをおわかりいただけたかと思います。
企業側から採用通知をもらった場合は、内定なのか内々定なのかを確認しておくと、万が一の時も未然にトラブルを防ぎやすくなるでしょう。

 

転職するならまず登録!
おすすめ転職サイト

転職スペシャリスト 天職

転職しよう!と思ったらリクナビNEXTに無料登録してみましょう!多すぎて困ってしまうくらい魅力的なオファーが届きますよ。職探しの時間がない人にもおすすめです。

リクナビNEXT
リクナビNEXT
特徴 無料登録するだけで、ビックリするくらいオファーが届く!選び放題の転職サイトです。
公式サイトをみる

 

正社員になりたい!
無料相談してみましょう!

転職スペシャリスト 天職

「正社員になりたい」「面接が苦手」そんな人のための相談室です。正社員での就職を徹底的に無料でサポートしてもらえますよ。

就職Shop
就職Shop
特徴 会社の選び方、面接指導など、正社員になりたい方が利用している無料サービスです。 就職したい、退職後に今後の就職先をどうしようか迷ってるなど、なんでも気軽に相談できます。
公式サイトをみる

 

転職で悩んでるなら
無料相談してみましょう!

転職スペシャリスト 天職

転職しようか悩んだら、まずはリクルートエージェントに相談してみましょう!転職の悩みを無料で相談聞いてくれますよ。

リクルートエージェント
リクルートエージェント
特徴 言い出しづらい年収、入社日程、残業、条件交渉もエージェントが代行して交渉してくれます。 外資系企業にも強いのに、無料なのに履歴書、面接指導など何から何まで転職にかかわることをやってくれます。 すぐ!じゃなくても転職を悩んでるなら、無料相談してください。
公式サイトをみる

関連キーワード

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

こちらの記事も
よく読まれてます

ページ上部へ戻る