• HOME
  • ブログ
  • 転職
  • 「自分って社会不適合者だ」と思ったら確認してほしい12の特徴とおすすめの仕事

「自分って社会不適合者だ」と思ったら確認してほしい12の特徴とおすすめの仕事

「自分って社会不適合者だ」と思ったら確認してほしい12の特徴とおすすめの仕事
転職

「職場での人間関係がうまくいかない」「人を信じることができない」「転職を繰り返してしまう」など、社会に出てからこのような悩みを抱えている人は少なくありません。
このような特徴は個人の性格として割り切ることもできますが、もしかしたら社会不適合者の特徴かもしれません。
そこで今回は社会不適合者の12の特徴と、社会不適合者におすすめの仕事について紹介していきたいと思います!
「自分は社会に合っていない…」と感じる人はぜひ参考にしてみてくださいね。

 

社会不適合とは

社会の要求に応えて生活することが困難な者。社会に適合できない人。うまくやっていけない人。
出典:www.weblio.jp

社会に適合できない場合や、うまくやっていけないことを「社会不適合」と言い、そのような人のことを「社会不適合者」と言います。
職場の人間とうまく付き合えない、転職を繰り返してしまうといった人は、もしかしたら社会不適合者かもしれません。

 

社会不適合者の12の特徴

社会不適合者の特徴①人のことを見下す

社会不適合者は、人を小バカにすることが得意で「自分よりも下」と認識した場合、相手が年上や先輩、上司であっても人を見下す特徴があるんです。
例えば、お店に行った時は働いている人に対して召使のように指図したり、あごで人を使うこともあります。
常に「自分は偉い」「こいつは自分より下」という考えを持っていて、人を見下しながら生きているんです。

 

社会不適合者の特徴②人が嫌い

社会不適合者は相手にを気を使うということが不得意なので、人が多い場所に自ら向かうことは少ないです。
人の良いところを探すことができなくて、逆に人の悪いところばかりに目が行くため、人が多い場所に行けば「なんでこいつは〇〇なんだ」「なんであいつは…」と不平不満の嵐です。

 

社会不適合者の特徴③人間不信

社会不適合者は人が嫌いなので、自分の本音を相手に見せるようなことはしません。
本音を見せることをしないのですから、もちろん信用することもありません。
むしろ相手を疑ったような言葉遣いや表情をすることもあるため、仕事にも支障が出てくるでしょう。

 

社会不適合者の特徴④相手に合わせられない

社会不適合者は相手に合わせることができませんし、合わせようとするのも苦手です。
自分が1番偉くて、自分が1番正しいと思っている“自称リーダータイプ”とも言えるでしょう。
周囲は認めていなくても、自分はリーダー的存在だと思っているので、「リーダーの自分がなんで合わせないといけない?」と思ってしまうようです。

 

社会不適合者の特徴⑤常に人と比べる

社会不適合者は劣等感が強い傾向があり、常に自分と他人とを比べています。
人と比べて勝っていれば勝ち誇り、負けていれば悔しくてたまらないんです。
常に周りがライバルに思えるため、普通に生活しているだけでも疲れてしまいます。
疲れていれば人に優しくする余裕もなくなってしまうため、社会不適合者にはピリピリとした険悪なオーラがあるのでしょう。

 

社会不適合者の特徴⑥周りの人を大切にしない

人が嫌いで信用もできないため、周りの人を大切にすることができません。
唯一仲良くできる相手がいたとしても、その人は社会不適合者からすると“自分よりも劣っている人”であり、友達ではないんです。
周りの人を大切にしないため、周りの人が離れていくのも当然のことでしょう。

 

社会不適合者の特徴⑦嘘をつく

社会不適合者には自分を良くみせたり、良く思われたいという特徴があります。
なので、平気で嘘をついたり自分を過大評価する傾向があるんです。
また、目立ちたいという願望もあり、笑える嘘(冗談)と笑えない嘘の判断もできないため、平気で許されない嘘も言えてしまうのでしょう。

 

社会不適合者の特徴⑧なにかと言い訳をする

社会不適合者は自分を守るためには必死になるため、自分の評価が悪くなると思えばなにかと言い訳をします。
例えば、朝寝坊をしても「人身事故で電車が止まってしまって…」や、仕事で担当者から発注ミスを指摘されても「事務員が間違えてしまったようで…」という具合に自分の非を絶対に認めようとしないんです。
自分が怒られることが怖く、自分のミスを認めることができないため、常に言い訳をして逃げ道を作っているんですね。

 

社会不適合者の特徴⑨責任感がない

社会不適合者は責任感がないため、仕事においては絶対に周囲のサポートが必要になります。
責任を持たなくて良ければ精神的な疲れも減り、楽になってなんでも軽々しく適当に発言できるようになります。
適当な発言や行動でミスをしても、「誰かがサポートしてくれるだろう」くらいに考えています。
そして、ミスをカバーしてもらったことによって味をしめ、ますます責任感なんかなくてもどうにかなると思うようになるんです。

 

社会不適合者の特徴⑩時間にルーズ

社会不適合者は、誰かにルールを決められることを嫌がります。
なので、約束の時間を守ることも苦手ですし、出社時間を守ることすら苦手です。
「多少待たせたところでたいしたことはない」と考え、申し訳なさを感じることも少ないです。
この特徴も、相手に合わせられないず、責任感のない社会不適合者ならではの特徴と言えるかもしれませんね。

 

社会不適合者の特徴⑪固定観念にとらわれている

社会不適合者は固定観念が強く、人の言葉を信じずにいつも自分が1番正しいと思い込んでいます。
また、自分を否定されることが大嫌いなので、誰かがアドバイスしてくれても「あの人はいつも私に文句をつけてくる」と捉えてしまうんです。
良い方向で固定観念が強ければ、それはその人なりのポリシーになりますが、社会不適合者は悪い方向に固定観念が強いのが特徴です。

 

社会不適合者の特徴⑫プライドが高い

社会不適合者の場合は、「バカにされたくない」という気持ちからくる、自分をよく魅せたいからこそのプライドが高い傾向にあります。
このプライドがあるからこそ、大事な時に言い訳をしたり、嘘をつくような無責任な行動を起こしてしまうのかもしれませんね。

 

社会不適合者の特徴⑬自意識過剰

社会不適合者には、自分が1番正しいと思い込んでいるような自意識過剰な性格が多いです。
誰かが「それはおかしいですよ」と意見してくれれば暴走を止めることができるかもしれません。
しかし、周りの人が社会不適合者との関わりに疲れ、見放されてしまえば社会不適合者に意見してくれる人さえいなくなります。
このような状況になれば、社会不適合者は「自分の意見が正しいから、周りは何も言えないんだ」と勘違いして、どんどん自意識過剰になっていくんです。

 

社会不適合者におすすめの仕事6選

社会不適合者の12の特徴を紹介しましたが、もしかなり当てはまったならあなたは「社会不適合者」かもしれません。
そんな社会不適合者におすすめできる仕事6選をピックアップしてみました。

社会不適合者におすすめの仕事①接客業以外の仕事

社会不適合者は人に合わせることが苦手であり、そもそも人が嫌いな傾向があります。
そのような人が接客業に就けば周りも迷惑してしまいますし、本人もストレスが溜まって仕事に楽しさを感じられなくなるでしょう。
そのため、バックヤードを中心とした仕事や工場のライン作業など、人との関わりが少ない作業の方が向いてる仕事になるでしょう。

 

社会不適合者におすすめの仕事②特技を活かせる仕事

社会不適合者の人は人と関わることが苦手なので、1人で黙々と過ごす中で本やパソコンから得た知識は無限大です。
この知識を仕事に活かさないのは逆にもったいないでしょう。
興味を持ったものをより研究していけば、特技はもっと強いものになります。
個性的な感性も磨かれていくので、特技を生かした仕事はおすすめですよ。

 

社会不適合者におすすめの仕事③個人事業・フリーランス

社会不適合者は個性が強く、1つの物事を極める傾向があるため個人事業主も向いている仕事と言えるでしょう。
会社に就職して大勢の人と関わっているからこそ個性を伸ばすことができず、個性を出そうとすれば周りから「あの人は変わってる」と思われてしまいます。
ならば、個人事業やフリーランスをして自分が主役になれば良いんです。
この働き方なら誰からも文句を言われず、のびのびと働くことができるでしょう。

 

社会不適合者におすすめの仕事④投資

投資には株式から為替、不動産などさまざまな種類があります。
中でも株式や為替なら電子取引だけで済ませられるため、人や時間を気にせずお金を稼げるという特徴があります。
ただし、投資だけで生活するにはそれなりの資産と知識が必要になるため、仕事というよりは「投資という選択肢もある」という程度に頭の片隅に入れておくのが良いかもしれませんね。

 

社会不適合者におすすめの仕事⑤在宅ワーク

中でも自宅で文章を作成するようなライター業務や、ホームページを作成するクリエイター的な作業は特におすすめの仕事です。
在宅ワークなら人と接することも減るのでストレス軽減にもなりますし、パソコンやスマホを使った仕事が多いので、比較的馴染みやすい仕事になるでしょう。

 

社会不適合者におすすめの仕事⑥カウンセラー

自分の体験を活かし、相談相手の境遇を聴いて改善のサポートをするのがカウンセラーの仕事です。
そのため、カウンセリングを仕事にするなら社会不適合者であることは克服していなければいけません。
苦しんでいた経験があったとしても、解決できていなければ説得力もなくなってしまいます。
辛い経験を克服できたという人は、カウンセラーも向いてる仕事と言えるでしょう。

 

おわりに

今回は、社会不適合者の特徴とおすすめの仕事について紹介してきました。
自分は社会不適合者かもしれない…と悩んで転職を考えている人は、今回紹介したおすすめの仕事もぜひ参考にしてみてください。
社会不適合者と言われると悲しい気持ちになってしまうかもしれませんが、社会不適合者の特徴は捉え方によっては強みになる部分もあるんです。
自分の長所を見つめなおし、その長所を活かせる仕事に就けば、きっとあなたのストレスや不安も解消されていくことでしょう。

関連記事一覧