仕事がつらい…その原因と、前向きに頑張るための16の考え方と解決法

仕事がつらい…その原因と、前向きに頑張るための16の考え方と解決法
転職コラム

毎日のように仕事をしていると、ふと「仕事がつらい」と感じることってありますよね。
仕事だから頑張らなきゃいけない…と気丈に振舞う人も多いと思いますが、仕事がつらいと感じてるのはあなただけじゃなく、ほかにも悩んでる人がたくさんいるんです。
そこで今回は仕事がつらいと感じてしまう原因と、前向きに頑張るための16の考え方と解決法を紹介していきたいと思います!
無理して頑張りすぎるのは良くないですが、どうしても頑張らなきゃいけないという時はぜひ参考にしてみてくださいね。

 

仕事つらい…と感じてしまう6つの原因

仕事がつらい原因①人間関係がうまくいかない

同じ会社で働いている人の中には、自分と相性が良くない人だっているでしょう。
特に同僚はライバル同士にもなりますし、時には意見がぶつかったり、成績を奪い合ったりと良い関係築きにくい環境にあります。
1日のほとんどを一緒に過ごすわけですから、人間関係がうまくいかなければ会社にいるだけでも辛くなってしまいますよね。

 

仕事がつらい原因②仕事についていけない

仕事をする上での達成感はとても重要なもので、ものすごく頑張った時に結果を認められたときの達成感はこの上なく、次も頑張ろうという活力になるでしょう。
ただ、どれだけ頑張っても周りの人にわかってもらえないことだってありますよね。
自分は頑張っているつもりでも、スキルや知識が足りなければ仕事についていけなくなり、認められることも減って仕事が辛いと感じてしまうかもしれません。

 

仕事がつらい原因③プライベートの時間が極端に少ない

普通の会社に勤めていると趣味の時間を確保するだけでもすごく苦労しますし、そのための精神的な苦痛に耐えなければならないことにストレスを感じる人も多いと思います。
例えば、どうしても見たいテレビや趣味のコミュニティーのオフ会が仕事と重なったとします。
このようなケースはよくある話かもしれませんが、趣味の時間に自分の仕事が同時進行している時は、その進行状況を考えると苦痛に感じる人がほとんどでしょう。
たまのことであれば割り切れたとしても、極端にプライベートの時間が少なくなると仕事が辛いと感じる原因になってしまうでしょう。

 

仕事がつらい原因④上司から理不尽に怒られた

何故か常に機嫌が悪い上司。
そんな上司にイライラさせられている社会人の人は多いと思います。
イライラした人と同じ空間にいるのはとても神経を使うことですし、その人が上司となれば余計に神経を使い、自分の仕事もやり辛くなってしまいますよね。

 

仕事がつらい原因⑤仕事量が多くて1人だと抱えきれない

時には重労働なハードワークが求められる仕事を任されることもあると思います。
そうなると連続で残業をしたり、休日でも家で仕事をすることがあるかもしれません。
そのような状況が続くと心身ともに疲れた状態になってしまい、仕事が辛いと感じてしまうでしょう。

 

仕事がつらい原因⑥新人で仕事に慣れていない

会社に入ったばかりで仕事に慣れるまでの時期は特に大変な時期です。
入社して間もない時は何をしていいかもわからなくて、右往左往することも多いでしょう。
誰にでも新人の時期はあるものの、仕事に慣れる前に仕事が辛いと感じてしまうケースも少なくありません。

 

つらい仕事を前向きに頑張るための16の考え方と解決法

考え方と解決法①仕事をやめることは決して甘えではない

仕事がどうにも辛くて「死にたい」と思ってしまうほど悩んではいませんか?
中には「仕事を辞めることは甘えだ」と思っている人もいて、特にまじめな人はこう思ってしまいがちです。

 

考え方と解決法②仕事だけが人生の全てではない

世の中には様々な人がいて、仕事でたくさんお金を稼いだ人が勝ち組、そうじゃない人が負け組という価値観の人もいます。
しかし、あなたの人生は仕事だけでしょうか?
人にはそれぞれ価値観がありますが、仕事であなたの人生が駄目になる訳ではないので、仕事ができなくて辛いときは、もう一度あなたが仕事で頑張っている目的を明確にするのも1つの方法ですよ。

 

考え方と解決法③あなたはとっても優しい人です

仕事が辛くて深くまで考え込んでしまうあなたは、とても繊細で優しい心の持ち主です。
会社でガンガン働く積極的なタイプでなくても、そのことに対して自分を卑下しなくても良いんです。
あなたは社会にとって貴重な存在となる「優しい心」を持っている個性のある人なんですよ。

 

考え方と解決法④あなたは一生懸命頑張ることができる人です

あなたは仕事に対しても頑張ったり、努力ができる人です。
「仕事だから頑張ることは当たり前」と思うかもしれませんが、これができない人もいるんですよ。
できなかったことを悩んで責めるより、まずは頑張っている自分のことを認めて褒めてあげましょう。

 

考え方と解決法⑤あなたは責任感の強い人です

多くの人との連帯で成り立つ仕事をしている人は、常に責任を感じながら仕事をしているのかもしれません。
だからこそ、上司や同僚、部下からの声に精神的なストレスを感じることも多いでしょう。
でもそれは決して珍しい事ではなく誰にでも起こりうることです。
むしろ多くの人たちの期待に応えたいと思い働く姿は素晴らしいもので、尊敬を受けるべきです。
言葉にはしなくても、その姿を陰ながら応援してくれている人も少なからずいるはずですよ。

 

考え方と解決法⑥働かなくても生きる手段はいくらでもある

死にたいくらい仕事が辛くても仕事を休職できず、そのまま退職したとします。
助けを求める人もいなくて生活だけがどんどん苦しくなっていく場合でも、今の日本では、生きることができなくなるということは起こりえません。
日本には生活保護という制度が用意されていますから、最後には行政に頼って生活をサポートしてもらいましょう。

続きを読む
1 / 2

関連記事一覧